むくみ対策に着圧ソックスの効果・評判を徹底追跡

着圧ソックスの効果と実際の使用感

某脚長で有名なモデルNさんがCMを務めるメーカーの着圧ソックスを3年ほど愛用しています。

夜の寝ている間に着用するタイプのものになりますが、たまに飛行機に乗る際にも、むくみ防止として着用します。

むくみ防止でいうと、ロングブーツを履く前の晩に履いたりもします。

そうするとスムーズにロングブーツを着用することができてとても良いのです。

残念ながら目に見えてハッキリ脚が細くなった!と実感することは無いのですが、やはり着用すると安心感はあります。

履き続けることで、足太りを防止しているような感覚になります。

履き始めのころは、着圧がキツく感じたこともありました。

しかし最近は新品を履いても、最初ほどタイトに感じることはなくなりました。

自分の目には見えていなくても、きっと効果は出ているのかなと。

なるべくこういった実感を常に味わうべく、ソックスはこまめに洗濯し、縮ませて新品同様のタイト感を維持するようにしています。

欲を言えば、太ももの着圧をもうちょっとタイトにしてもらえたらなと思う時があります。

足首周りやふくらはぎ周りはしっかり着圧されている感覚があるのですが、太ももはなんだか履いてるだけという感覚です。

自分自身とても怠け者な性格で、運動してまで痩せたいなど考えておらず、このような履いているだけで痩せれるソックスは、私のような人種にとって最高のアイテムです。

そしてこれを履いていると、知らぬ間に足のケアに注目が行き、自然と効果を促しているように思います。

【製品のデメリット】ソックスの上の部分(最上部辺り)だけを持って引き上げると、上の部分と本体の縫い目が裂けてしまいます。

どうしても小まめにソックスを引き上げていると素材が切り替わるところに負担がかかるのか、毎度破ってしまいます。

なるべく力を均等に分散させてソックスを上げるようにしないといけません。

素材によっては毛玉が大量にくっついてしまうことも。

ある程度効果が出てきて、自分の脚が細くなったと思ったらサイズダウンをおすすめします。

そうでないと既存のソックスがなかなか太ももにとどまってくれず、何度も引き上げないといけなくなり、上記のような破れの原因となってしまいます。

肌のコンディションによっては、かゆくなってしまうこともあるので、毎日は履かないようにしています。

【飛行機で使用する際のポイント】新品を履くのがきっと一番効果的でしょうが、エコノミークラスの席だと狭くてなかなか自由にソックスを履くことが難しいと思います。

なるべく慣れたソックスが狭い空間でも履きやすいと思います。